TOHOシネマズの感染予防対策編のウサギはだれ?



TOHOシネマの映画で、本編映画上映前に映し出される「 TOHOシネマズの感染予防対策編」のアニメです。

TOHOシネマに行くと、もうこのウサギさんは、毎回出てきますよね。

コロナ禍の中では、この感染予防対策編が放映されています。

トーホーシネマのこのウサギはだれなのでしょう?

このウサギは、紙兎ロペと呼ばれています。

TOHOの映画館では、本編前の予告編の上映時間に、短編アニメとして上映される。

主な登場人物は、ロペとアキラ先輩です。

原作 脚本は、内山勇士氏です。

かわいいですよね。思わず引き込まれてしまいます。



今では、わたしにとっては、TOHOシネマで映画を見る際の一つの楽しみにもなりました。

スポンサードリンク

ナイキCM/なぜ今、このようなCMをつくるの?



ナイキCM「動かしつづける。自分を。未来を。 The Future Isn’t Waiting. | Nike」です。

これが、今話題になっています。

あまりよくない意味でです。

わたし、これを見ていて、よい印象を持ちませんでした。

このCMをもし別の国(特に韓国)で放映したとしたら、場合によっては大変な誤解を生みかねません。

現に、日本に住んでいる外国の方(特に韓国の方)が見たとしたら、やっぱり良い印象を持たないように思います。



日本人が、多くの人々に対して、自分で自分の国を悪く思わせるような行為は、慎むべきだとわたしは思います。

まして、現在の日韓関係は決して良いとは言えない現状です。

何に利用されるかわかりません。



いったい制作者の意図はなんなのでしょうか?

ナイキジャパンって、本当に日本人のための企業なのでしょうか?

動画の説明には・・・

『アスリートのリアルな実体験に基づいたストーリー。
3人のサッカー少女が、スポーツを通して、日々の苦悩や葛藤を乗り越え、自分たちの未来を動かしつづける。』


(以上は引用です。)

というものがありました。

これを読むと、益々誤解を深めるだけのように思います。

調べてみると、ここに出演する朝鮮人の高校生役の女の子は、実際は日本の高校に通っているわけではありません。

朝鮮総連系の朝鮮学校に通っている学生さんだそうです。


これがリアルな実体験と言えるのでしょうか。

差別を作り出しているとしか思えません。


わたしは、yahooニュースの中で紹介されているような”ネット右翼”ではありません。

でも、普通に日本人がみたら、決して良い気持ちがしない人の方が多いのではないかと思います。


CM制作者の方々には、国をまたぐような題材を扱うときは、もっともっと慎重であってほしいと願っています。


スポンサードリンク

想和ホールディングス cm/水着で出演してる女性はだれ?



想和ホールディングス のCMです。

旅行先のホテルのテレビで放映されていました。

最初、なんの会社のCMなのか、意味不明で逆に印象に残りました。

それで取り上げてみました。


この想和ホールディングス って、何をする会社なのかというと害虫や害獣などの駆除する会社だそうです。

千葉県内での営業実績をもっているようです。

それにしても、害虫や害獣などの駆除する会社のCMに、なぜ水着の女の子が出てくるの?ってだれもが思うでしょう?

ほんとに、意味不明と思うのは、わたしだけでしょうか?

とにかく、今回の問題です。

Q.想和ホールディングスのCMに出演してる水着の女性はだれ?


この女性のお名前は、小山玲奈さん。

小山玲奈さんは、 茨城県出身で1994年生まれの26歳。

お仕事は、グラビアアイドルとして活躍中です。

写真集やDVDも多数出しています。

かつては、大山ひかりという名前で活動していたようです。

小山玲奈 恋する天使 [DVD]






ファンの男性は、多数いるようです。

もしかしたら、この会社の社長さんも小山玲奈さんのファンなのかもしれませんね。

小山玲奈さんは、まだ20代。

このCMをきっかけに、ご自分の活動の幅を広げていけたらよいですよね。

がんばってほしいと思います。


スポンサードリンク