霧島天然水のむシリカCM/女優はだれ?シリカとは何?



霧島天然水のむシリカCMの『一日を大切に』篇です。



それでは、早速問題です!

Q1.美しい霧島連山を歩く美しい女性はだれ?

正解は、まだまだ知る人は少ないと思われます、黒谷磨世(くろたに まよ)さんです。

黒谷さんは、 熊本県出身の2000年生まれの20歳、モデル・女優さんです。

趣味・特技は、サーフィン、ピアノ、ダンス、歌だそうです。


Copy Code

Twitterにもあるように、このCMのロケ地は鹿児島と宮崎だったのでしょう。

そもそも、この景色の山々は霧島連山だと思いますが、どこにあるのか確認しておきますね。




地図でわかりますように、霧島連山というのは、九州南部の宮崎県と鹿児島県県境付近に広がる火山群の総称です。

その最高峰は、標高1700mの韓国岳(からくにだけ)です。

ですから、このCMは、CGではなくて、実際の自然の中で撮影が行われたのですね。

だから、迫力があるのでしょう。




それでは、次の問題にいきますね。

Q.シリカって何?

ウィキペディア(Wikipedia)から引用させていただきますね。(以下引用)
『シリカ(英: silica)は、二酸化ケイ素(SiO2)、もしくは二酸化ケイ素によって構成される物質の総称。シリカという呼び名のほかに無水ケイ酸、ケイ酸、酸化シリコンと呼ばれることもある。
純粋なシリカは無色透明であるが、自然界には不純物を含む有色のものも存在する。自然界では長石類に次いで産出量が多い。鉱物として存在するほか、生体内にも微量ながら含まれる。 』



つまり、人体中にも微量にふくまれる成分らしいのです。


さらに、人体中のシリカの役割としては(以下引用)

『水溶性のシリカは人体にも微量ながら含まれており、体液(血液・唾液等)、毛髪・爪・血管・骨・関節などに含まれ、特に骨形成の細胞層に集中している。生体中には約29 ppmが存在し、免疫力に影響を与えたり、唾液による歯垢清掃、肌の保湿、骨や髪、爪、コラーゲンの再生・構築・補強・維持を手助けしている。成人1日あたり10~40mgのシリカが消耗される。』


ということは、人体には必要な成分で毎日消費されているということ。


また、その補給の仕方として(以下引用)
『通常はケイ素を多く含む食品(玄米、あわ、ほうれん草、バナナ、レーズンなど)を十分摂取することで補えるが、ミネラルウォーターや健康食品としても市販されている。 』


以上をまとめると、もともと人体には微量でもある成分で、健康によい影響を与えていて、それを補うには、ケイ素を多く含む食品をとる必要があるということでしょう。

つまり、ケイ素を多く含む食品のかわりになるのが、「霧島天然水のむシリカ」なのだと言えると思います。


この「霧島天然水のむシリカ」って、結構飲んでいる人が多く、メディアに取り上げられる機会が非常に増えています。


この「霧島天然水のむシリカ」について、さらに詳しく知りたいなとか、飲んでみたいなと思われる方は、次でご確認してみてください。
      ⇓






スポンサードリンク