サントリー天然水CM/宇多田ヒカルのロケ地はどこ?



サントリー天然水CMです。

だれもごご存知の 宇多田ヒカルさんが出演されていますね。

CMにストーリーがあって、素晴らしい構成です。

下記に、撮影のエピソードを引用させていただきます。

<撮影エピソード> 

 2016年の「サントリー天然水」テレビCM初登場から数えて、これが5作目の出演となる宇多田。
前回までは山、川、雪というシチュエーションでの撮影だったが、今回は“活きた水”を表現するため「滝」が舞台となった。
撮影当日は天候にこそ恵まれ、俯瞰したロケ現場の景色は素晴らしいものであったが、前日までの大雨により、滝上流の川が大幅に増水。
 今回のメインの撮影地である滝は、現地を何回もロケハンしているスタッフでも見たことがないというほどに、迫力満点の巨大な滝に変貌していた。
そのため、滝壺に近い場所では水しぶきが激しく、宇多田はもとよりスタッフ、機材までその場の全てがずぶ濡れになりながらの撮影。
そんな環境でも宇多田は集中力を切らすことなく、限られた時間でOKテイクを獲得した。
 また、企画当初は、制作チームが用意した詩集の一節を朗読する予定でしたが、テレビCM楽曲「誰にも言わない」の世界観と重なる詩を読んだほうがいいのでは、という宇多田からの提案があり、国木田独歩さんの詩集からご自身が選んだ一節を朗読した。
(以上:MusicVoice4月17日配信記事より引用)


現在の新型コロナによる外出自粛の時期に、

『こんな素晴らしい大自然に囲まれた景色の場所へ行って見たい』

という憧れも持つ方々もわたしを含めて多いことでしょう。

バックに流れる曲は、宇多田ヒカルさん作詞作曲の「誰にも言わない」です。

さた、この素晴らしい景色のロケ地はどこなのでしょう?

正解は、富士山が見える場所でしかも、3000メートル級の山々がそびえている景色からして南アルプスのどこかということは誰もが想像するところでしょうけれど、詳しいことは現在わかりません。

もしかしたら、一部外国の風景を使っているかもしれません。

山にくわしい父にも尋ねてみましたが、

あの稜線は南アルプスみたいだな!でもあれだけじゃわからんな!」という返事でした。

そのうち明かされるかもしれませんね。

どちらにしても、以前の三浦大知さんを起用した南アルプスでの大ロケに匹敵する素晴らしいCMだと思います。



スポンサードリンク