富士フイルムCM/再生医療技術(培養ひざ軟骨)篇に感動!!





富士フイルムCM「世界は、ひとつずつ変えることができる。」を、毎回感動しながら観ています。

富士フイルムというと、一昔前まではカメラ関連の精密機器メーカーとしてのイメージが強かったのですが、

今では、医療健康等々幅広く活動を展開している一流の企業です。


そのイメージアップの一つにもなっているのが、この企業広告のシリーズだと考えます。

わたしは、この再生医療技術(培養ひざ軟骨)篇だけでなく、シリーズ全体がとても好きです。

社会貢献しようとする企業の真摯な姿勢が見えるからです。


見るたびに、「日本の科学者ってすごい!」と感動しながらみているのです。

思わず応援したくなるのは、わたしだけではないでしょう。

企業がどのような活動をしているのかを、紹介するこのようなCMってとても重要だと思います。


特に、青少年への影響は計り知れません。

必ずあとに続く世代に良い影響を与えると思います。


ちなみに、この再生医療技術(培養ひざ軟骨)篇に登場しているのは、

富士フイルムグループ企業の(株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 研究開発本部の柳田忍さんです。

柳田さんは、徳島県出身の1976年生まれ44歳(2020年末現在)。

今後も世の中の役に立つ研究を続けてほしいです。




スポンサードリンク